雨の日の上ホロカメットク山 Day2 雨に濡れる花々…

f0109977_17231510.jpg
 
翌朝、避難小屋の扉を開けると、真っ白な世界だった。相変わらずの霧雨は、辺りの風景を、すっかりと隠している。どうも、この場所は、僕には鬼門のようだ。泊まり山行の時に、晴れたことがない。夜半には、本格的な雨も降ったようだ。2階のツアー組も、起きてくる様子がない。外に出てみると、5張りのテントが設営されていて、雨で、しっぽりと濡れていた。住人たちは、若い強者たちのようだ。さて、今日の予定をどうするか…、小屋に戻って、相談だ…。





f0109977_17311406.jpg
朝の避難小屋とテン場の風景
 
 
取り敢えず、朝食は、珈琲とパン、そしてチキンという組み合わせ。最近のマイブームだ。話し合うまでもなく、当初の計画である三峰山を越えて富良野岳周遊の予定は、あっさりと却下。このまま下山することになった。行動中、カメラは仕舞い込むので、先ず、花の撮影をしようと、辺りを徘徊する。霧雨に濡れた花々は、雫を蓄え、活き活きとしている。こうした姿は、実は、こんな天気にしか撮影出来ないわけで、花の撮影が主体である僕の山行では、これもあり、なのだ…。尤も、花に興味のない人にとっては、黙々と歩くだけの山行になってしまうね。
 
 
f0109977_17460192.jpg
エゾツガザクラ
 
f0109977_17464343.jpg
チングルマ
 
f0109977_17472159.jpg
エゾコザクラ
 
f0109977_17475420.jpg
 
f0109977_17485222.jpg
イワヒゲ
   
f0109977_17481942.jpg
メアカンキンバイ
  
 
テン場の人たちも、撤収を終え、それぞれ出発するようだ。小屋に戻ると、ツアー組も、富良野岳は諦めて、下山するという。そこまで酷い天候ではないが、行っても黙々と歩くだけの山旅になってしまうからだろう。それほどに、視界は悪かった…。
 
f0109977_17564286.jpg
エゾツガザクラの群落
 
 
僕たちも、出発の準備を終えて、外に出る。一瞬、空が明るくなり、青空が覗き、十勝岳への稜線も顕わになる。しかし、それが、本日の最良の空模様だった。僕たちの帰路は、稜線に出て、上ホロカメットク山の山頂を踏んでから戻ることにする。展望もないピークに興味はないが、せっかくだから、ということだ。
 
f0109977_17573154.jpg
十勝岳へ向かうパーティー
 
f0109977_18032221.jpg
上ホロカメットク山へ
 
f0109977_18035218.jpg
結構険しい山稜です(iPhone撮影)
 
f0109977_18052090.jpg
ママのいる岩場付近が難所(iPhone 撮影)
 
f0109977_18150658.jpg
上富良野岳方面の道は緩やかだけど、右側は崖です(iPhone 撮影)
   
 
上富良野岳は、ここが山頂であるという意識はない。ただの通過点でしかないと思うのは、僕だけか…。でも、立派な標識はある。こんな天気でも、幾人かが交差する。下界の様子を訊いてみると、やはり、霧雨が降っているそうだ。相変わらず、三峰山方面の稜線は、直ぐに深い霧に包まれ、その先の様子を見せていない。もう、僕たちに未練は無かった。一目散に退散だ。
 
f0109977_00413248.jpg
下山直後が滑りやすい急斜面(iPhone 撮影)
 
f0109977_00450678.jpg
アオノツガザクラ
 
f0109977_00460005.jpg
エゾツガザクラ(白花)

 
登るときに、あれほど辛かった300階段も、あっという間に終わってしまう。濡れた木の階段だから、滑りやすいことに気を遣わなければならないが、階段だからこそ、下りは快適だった。途中で、テルモスに入れた珈琲を飲みながら、2日間続いたガスガスの山行の悪態をついたりする。しかし、滅多に使わない高価なレインウエアーも役に立ったし、歩荷訓練にもなった。きっと、良い写真も撮れたと思うし、これはこれで、よい山旅になったと思う。
 
f0109977_01061889.jpg
もう直ぐ終わる…(iPhone 撮影)
 
 
安政火口に続く沢の対岸が見える頃、僕たちの山旅は終盤だ。渡渉してから駐車場までの道が、一番長く感じるのは、もう終わったという安堵感から来る。駐車場にある車は、今日登った人たちの分の台数だろう。半分ほど埋まっていたが、路上に駐車しているものはない。やはり、少なかったのだ。泥んこになった靴を洗いながら、今度の山のことを考えるのだから、どれ程疲れていても、懲りない僕だった…。
 
 
Nikon Df
AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
iPhone 6 Plus

by meo_7 | 2016-07-20 01:13 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)
Commented by youic at 2016-07-23 10:42 x
雫をまとった花たちにうっとりです。
ヒロインは凛々しい美人さんでバックはほんわかムードの引き立て役。
24-85Dを買いたくなりますが、買って良い写真が撮れないでショックを受けそうなので、28-105で修行を積みます。
Commented by meo_7 at 2016-07-23 16:39
youicさん、こんにちは。
こんな日の花は瑞々しくて、撮影対象にはなるのですが、そもそも、山に登らないから、僕にとっては、貴重といえば貴重ですね。
 
24-85以前は、28-105を使っていたのですが、広角側の不足感以外は、マクロのボケ味も良いし、105mmの画角も気に入っていました。何よりも、少し軽いですし…。
物足りなければ、単焦点広角(24mm)を一本持っていけば、それで充分だと思いますよ。
 
週末、天気が良いのですが、孫のお付き合いが控えているので、今日は自宅です。


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 22:16
いや~~~~~素晴らしい..
by てばまる at 15:15
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 19:28
三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49
意外でしたね、ナガハシス..
by windy1957 at 12:20
道南のこの場所は、札幌か..
by meo_7 at 21:33

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30