憧れの花は、孤高に咲く… Day 1(2016/08/07〜09)

f0109977_18343409.jpg
 
 

青年の名前は、通称、「おかでぃ」と言う。歳の差を考えると、息子のような存在だ。昔の自分に、ちょっとだけ似ているところもある。そんな青年が、
 
「オイちゃん、憧れの花を見せに連れてってやるよ。荷物は担ぐから…」
 
と、冗談だか本気なのか、そう言ったことがあった。僕としても、「おお、介護登山をしてくれるのか?」などと、軽く受け流していた。介護登山という言葉が、世の中にあるのかどうかは分からないが、僕は、冗談交じりによく使う。しかし、僕にだって、少しばかりの自尊心が無い訳ではないので、こちらから積極的に頼むことはない。でも、結局、甘えてしまうのだ。ママは、最近足が痙るので、今回は見送るという。二人だけかな?と思っていたら、クライミング仲間のさっちゃんが、連れていって欲しいと言う。僕は、すかさず、荷物を持ってくれるなら良いと、条件を提示するが、あっさりOKだった。これで、楽になれると、内心ほくそ笑んだのは、内緒にしておこう。
 
憧れの花は、山奥深く咲くという…。それも、日高山脈の急峻な尾根の岩礫に咲くのだから、僕のようなお気軽ハイカーが、簡単に行けるところじゃない。以前、1度だけ、カムイエクウチカウシ山に挑戦している。残念ながら、アクシデントもあり、咲いていると思われる場所に行けなかった。2006年の事だから、あれから10年の歳月が過ぎている…。さて、「介護登山」の全貌は…。




f0109977_23101824.jpg
駐車場はいっぱいで路駐の列…
 
 
8月7日、チロロ林道に入り、北電のゲート前の広場に着くと、思わぬ車の数にビックリだ。日曜日だから、入山者は日帰り組と、今日下山する人たちの車が多いのだろう。車から降りると、アブの大群が襲ってくる。尋常な数じゃないので、支度するにも必死だった。何とか、被害もなく、無事に出発したのは、午前8時15分だった。通常より遅い時間ではある。今日の目標は、北戸蔦別岳の山頂だ。コースタイムで6時間半ほどだが、少なくとも僕は、そんな時間では歩けない。1.5倍を見積もると、9時間超の長丁場だ。
 
取水ダムまでの、約3キロの林道歩きがある。これが地味に辛い。しかし、アブの襲撃はなくなり、長い旅の始まりは、静かに始まった。
 
さて、荷物だが、僕の背負っているものは、個人装備だけ。山中2泊に必要なテント、食糧など共同装備は、おかでぃとさっちゃんが背負っている。行動用の水は1.5リットル背負うから、僕も軽いというわけではない。しかも、途中のトッタの泉で水を摂り、山頂まで担ぎ上げなくてはならない。そこからは、地獄の苦しみに等しい記憶しかない…。
 
f0109977_09405148.jpg
エゾスズラン
 
f0109977_09412171.jpg
林道の終点は取水ダム
 
 
順調に取水ダムに着く。ここからは登山道になる。基本的に沢沿いの道が続き、渡渉も繰り返す。台風の動向が気になる天気予報だが、少なくとも、今日一日は天気が良い。台風の進路によっては、1泊で戻る可能性も含めて計画している。それは、沢の増水という問題もあるからだ。一気に水量が増えると、帰還困難な状況になるのが、沢の遡行だ。
 
f0109977_13342373.jpg
登山道に入ると、雰囲気は一変する…
 
f0109977_13351217.jpg
水量は、登山靴でも問題ない
 
f0109977_13370490.jpg
足下に注意
 
 
天候に恵まれたが、とても暑い。湿度も高く、その上に風も無い。ジリジリと焼けるような日射と、蒸し風呂にいるような蒸し暑さ。僕の消耗戦の始まりだった。
 
二の沢を登ってゆくと、滝が見えてくる。その手前の左岸に、尾根の取り付がある。ここからが、日高の山の洗礼を受けるところだ。激しい急登が待ち構えている。初めて訪れると驚き、2度目からは憂鬱になる。次第に、僕は遅れがちになる。荷物は軽くても、同じ事だった。トッタの泉に着いた頃、ほぼ限界だった。トッタの泉は、湧き水だ。冷たくて美味しい。何度も喉を潤すが、焼け石に水のようだ。摂取する水よりも、吹き出す汗の方が遙かに多い。僕は、熱中症気味の感覚を覚えた。もう、無理は出来ないので、自分のペースで歩きたいと申し出る。
 
おかでぃは7.5リットル、さっちゃんは5リットルの水を担いだ。炊事用と明日からの飲料水の分だ。計画では、僕が2.5リットルを担ぐはずだったが、僕に担げ、と言う者はいなかった。
 
トッタの泉を過ぎても、尚、急登は続く。彼らにしてみれば、水の分だけ重さは嵩んでいる。しかも、僕の分まで背負っているのだ。それなのに、その歩みは衰えない。さっちゃんも、若いおかでぃに、ピタリとついて行く。僕はというと、ゼーゼーと喘ぎながら、数歩進んでは立ち止まる。頭がボーッとしてくる。身体全体が熱く感じるのは、良い兆候ではない。それでも、集中力だけは途切れないように、稜線までは頑張ろうと、言い聞かせながら歩いた。
 
f0109977_17052963.jpg
アリドウシラン
 
f0109977_17055930.jpg
トンボソウ
 
f0109977_17361736.jpg
コイチヨウラン
 
 
急斜面の林内には、野生蘭が見られた。余裕があれば、ゆっくりと、良い個体を見付けて撮影したいが、疲れすぎて、そんな気になれない。ザックを下ろすと、もう2度と担がない気がするからだ。久し振りに、疲労困憊の山行になった。
 
幾分、斜度が緩くなり、木々の間からチロロ岳が見えてくると、稜線は近い。下山してくる人たちに、先行している二人のことを訊ねると、ヌカビラ岳を登っているという。二人も苦しんでいるだろう。何たって、僕の分も担いでいるのだから…。
 
見上げると、真っ青な空が拡がっている。登山道は左に折れ、緩やかな勾配で斜上する。正面に、ヌカビラ岳稜線のかんらん岩が見えてくると、日高名物の激しい急登の終わりも近付いてくる。
 
やがて、登山道は、かんらん岩の中に入ってゆく。春には、カムイコザクラが咲く道だ。その時季は、沢には雪渓が残り、雪解け水の勢いとか、雪渓の崩落だとか、色々と危険な要素も加わり、登山としては、結構シビアな条件になる。簡単には出会えない花だからこそ、憧れるものだ。今回の山行の目的も、そこにある…。
 
f0109977_10003791.jpg
かんらん岩の岩峰
 
f0109977_10011505.jpg
ミヤマアケボノソウ
 
 
最後の急登は、ハシゴ場を2つほど乗り越して、天空へと続く。苦しい登りの終わりを告げるのは、日高山脈の絶景だった。ヌカビラ岳の肩に到達すると、目の前に拡がる光景に、目を奪われる。しかし、まだ、先は長い…。
 
f0109977_10055509.jpg
トッタベツ岳・幌尻岳
 
f0109977_10095809.jpg
北戸蔦別岳
 
f0109977_10102616.jpg
チロロ岳方面
 
f0109977_10105585.jpg
トッタベツ岳
 
 
ほぼ平坦に見える稜線も、小さなアップダウンを繰り返す。それでも、少しずつ近くなる目的地…。稜線を吹き抜ける爽やかな風が、火照った身体を冷やしてくれる。最後のコルに到達し、後ひと登りというところで、おかでぃが笑顔で迎えに来た。僕のザックを取り上げ、信じられない元気さで歩いている。僕の足はヨロヨロで、完全にへばっていた…。長く、苦しい道のりだった。
 
テントは、一等地に張られていた。どのくらい待ったのかは、敢えて、訊かなかった。自信を無くしたくないからね…。夕食を終え、日高の山並みがシルエットになる頃、赤い陽が、西の空に沈みゆく…。その夜、風が、テントを揺する音で、幾度か目覚めた…。  
 
f0109977_09120971.jpg
 
 
NIKON1 V3
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM


by meo_7 | 2016-08-13 10:32 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)
Commented by hiropon at 2016-08-22 15:51 x
こんにちは。

先日はお疲れ様でした。
いつも素晴らしい仲間に囲まれているのは、オイちゃんのお人柄ですね。

昨年もニペソツでばったり、今年もばったり、ビランジつながりですね。
ややピークを過ぎていましたが、しっかり咲いていました。
トカチビランジは優雅なイメージ、カムイビランジは素朴で愛らしい花だなと思いました。
どちらもこれぞまさに高嶺の花!

今年は体調がすぐれず諦めていたのですが、直前になってダメ元で行ってみようと奮起しました。
仲間の助けもあって花と初対面できました。

私は脳のどこかに障害があるのではと思うほど、人の顔を覚えられません。
だからイメージで覚えるようにしているのですが・・・。
いつも気が付くテンポが遅くてごめんなさい。

またどこか花の山でばったり出会えると嬉しいな。
Commented by meo_7 at 2016-08-22 17:11
ヒロポン、こんにちは。
絶対に、花繋がりの縁があるよね。
咲いていることが分かったときには、体力が衰えて、諦めていたのです。
サポートしてくれるというので、頑張りましたが、やっぱり、遠い道のりでした。
でも、感謝感激の出逢いでしたよ。
 
大平山のチシマリンドウ、ニペソツのトカチビランジ、そして今回のカムイビランジ。
全部、ヒロポンに教えてもらった出逢いだね。
 
やっぱり、山の花旅は、いいねえ…。
 
また、どこかで、よろしくね…。


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
登山(山岳徘徊倶楽部)
僕と音楽
徒然に…
ちょっとした旅
カメラ
山の道具あれこれ

最新の記事

昆布岳 落ち葉の登山路 20..
at 2017-10-21 17:47
白雲山・天望山(後編)アルペ..
at 2017-10-02 01:59
白雲山・天望山(前編)アルペ..
at 2017-10-01 00:32
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(後..
at 2017-09-20 13:46
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(前..
at 2017-09-19 05:24
道東弾丸ツアー 斜里岳(後編..
at 2017-09-13 20:47
道東弾丸ツアー 斜里岳(前編..
at 2017-09-13 11:23
道東弾丸ツアー 西別岳・リス..
at 2017-09-12 21:29
白樺山〜シャクナゲ岳 プチ縦走
at 2017-07-28 23:02
花の山旅 ニセイカウシュッペ..
at 2017-07-27 14:01

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 11月
2012年 07月
2010年 01月
2006年 12月
2006年 11月

お気に入りブログ

やぁやぁ。
風街角
pode ser um ...

外部リンク

お薦めのホームページ

最新のコメント

翼さん、こんにちは。 ..
by meo_7 at 16:33
トップの写真、演出かもし..
by windy1957 at 10:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 22:16
いや~~~~~素晴らしい..
by てばまる at 15:15
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 19:28
三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30