Love Minus Zero/No Limit

f0109977_15420474.jpg
    
    

Love Minus Zero/No Limit


ボブ・ディランがノーベル文学賞に選ばれた。
世の中は、賛否両論。
まあ、そうだろう…。
グラミー賞とノーベル文学賞の両方で評価される人はいない。
でも、ミュージシャンであり、尚かつ文学者であっても、不思議はない。
 
さて、ディランの歌声を聴いても、心地良いとは言えない
しわがれ声で、ぶっきらぼうに歌う曲は、名曲とは程遠くに在るかの様だ。
しかし、編曲を施され、カバーされた曲を聴くと、意外にメロディーは美しく、作曲家としてのディランの実力を知る事になる。
 
写真は、5作目になる「Bringing It All Back Home」というアルバム。
その中の1曲に、「Love Minus Zero/No Limit」という題名の曲がある。「愛−0/限りは無い」…、謎の題名だ。
 
ひとつの愛を得る為には、いくつかの犠牲を払い、ある意味、引き算を強いられる。例えば、自分の時間だったり自由だったり…。しかし、この数式は、愛を得るのに、何も犠牲にしていない。分母は、限りなく、でもある。
ディランは、こう言いたいのか…。
「犠牲だと思う愛は、本当の愛ではない」と…。
 
そう、題名ひとつとっても、ある種のメッセージが潜んでいる。実は、解釈は自由なのだ。歌詞も、「詩」と呼べるものでもある。実際、ディランの歌詞は、一冊の分厚い本になっている。多くは、難解であるといわれる。英語圏の国でもそういう評価なのだから、日本語しか知らない僕には、直訳などでは、意味さえ分からない。訳詞も多く残されているが、解釈は様々だ。
 
ここに、ディランの詩が、文学の範疇に入れられた理由があるのかも知れない。
 
さて、当の本人は、まだコメントをしていないという。
60年代、プロテストソングの旗手とか、時代の代弁者などと崇められたことを嫌がっていたという彼は、他人の評価と自分との乖離を自覚していたのだと思うが、今度は、どうなんだろう?
 
ジョン・レノンの作詞活動に影響を与え、ジョージ・ハリスンとは生涯の友情を温めあった。本人の意志とは関係なく、偉大な存在になってしまったことは、案外、幸せなことばかりでもないのかも知れない。
 
Love Minus Zero/No Limit
 
多くの人が、カバーしている。
その中で、僕のお薦めは、ウオーカーブラザーズとロッド・スチュアート。
ディランのオリジナルを聴いたことがある人は、「同じ曲なのか!」と、驚くことでしょう…。
 
https://www.youtube.com/watch?v=DZVg839OjVo
 
https://www.youtube.com/watch?v=ETtZZHSgdbg

by meo_7 | 2016-10-15 15:44 | 僕と音楽 | Comments(0)


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 18:27
翼さん、こんにちは。 ..
by meo_7 at 18:21
わたしも偶に覗いてますよ..
by てばまる at 16:23
MIURAさん、毎日覗い..
by windy1957 at 10:38
おめでとうございます。 ..
by meo_7 at 16:13
明けましておめでとうござ..
by youic at 17:49
ヒロポン、こんにちは。 ..
by meo_7 at 17:11
こんにちは。 先日..
by hiropon at 15:51
北岳は、どうしても長丁場..
by meo_7 at 09:30
タカネビランジも普通の登..
by てばまる at 20:35
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 13:27
いや~お疲れ様でした。 ..
by てばまる at 09:36
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 16:58
遂にカムイビランジに会う..
by yah-_-yah at 20:54
夏場の布団1枚に2人では..
by meo_7 at 17:41

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30