里山に、春の訪れ

f0109977_11182106.jpg
 
1月に、スキーで膝に違和感を感じてから、アウトドアを封印していた。歩かないと云うことは、弱っていくことだと分かっていても、故障は最小限に止めたい。本当に久し振りの山歩きは、里山でもある「三角山」を選んだ。札幌に住んでいながら、初めて登る山だ。徐々に、ターゲットは近く、低くなる。年相応なのだ。 
 
登山口には、登山者用の駐車帯もあって、登山者の便宜を図っている。都会の片隅の不思議な感覚だ。周囲には建物や住宅など在るが、喧噪は、既に無い。登山路は急斜面から始まるが、一歩入ると、そこは、紛れもなく、山の中だ。木々の枝には、まだ、新芽を吹き出した頃で、葉は拡がっていない。だから、閑散とした山の風景だが、新緑が覆う頃には、鬱蒼とした森になるのかも知れない。早速、足下には、春の訪れが、待っていた…。





登山路の始まりは、尾根への取り付きという雰囲気の急斜面だ。その斜面にいち早く咲くのは、キクザキイチゲ。斜面は、まだ、枯れ葉が覆っているので、清楚な姿を、容易く見つけられる。
 
f0109977_11453434.jpg
キクザキイチゲ
 
f0109977_11464657.jpg
ナニワズ
 
 
多少のジグを切り、尾根に出ると、道は緩やかに尾根上を登ってゆく。時刻は正午過ぎだが、登る人、下る人が、交差する。里山ならではの光景だ。足早に過ぎ去る人、僕よりもゆっくりな人、それぞれの時間を楽しんでいる。なんか、いいなあー。
 
f0109977_11534793.jpg
f0109977_11540034.jpg
キバナノアマナ
 
f0109977_11545412.jpg
f0109977_12554901.jpg
キクザキイチゲ
 
  
尾根の道は、花の散策路とも云うべきだろう。メインルートなので、両脇にはロープが張られていて、斜面に下り立つことは出来ないが、一面に咲くエゾエンゴサクやキクザキイチゲは圧巻だ。こうして、里山は、長い冬を終えて、緑を取り戻すのだ。気の遠くなる繰り返しが、僕たち人間の生存も保証してくれているということを、忘れがちになる。取り敢えず、今日は、感謝しながら歩こうと、思った…。
 
f0109977_12053147.jpg
エゾエンゴサク
 
f0109977_12060070.jpg
エンレイソウが芽吹く
 
f0109977_12072585.jpg
雪の残る登山路
 
 
こぶし平という広場を過ぎると、尾根から外れて、少しだけ、本格的な登山道になる。三角山と名乗るだけのことはあって、いくつかの急斜面が待っている。道が濡れてくると、案の定、雪が現れる。そこには、まだ、早春すら訪れていない。花の姿を見つけられないのだ。すると、ひたすら歩き続けることになる。運動不足を実感することになるが、ここは、我慢のしどころだ。
 
f0109977_12142422.jpg
もう直ぐです
 
 
山頂は、展望も楽しめる。眼下には都会が拡がり、日常を垣間見ることが出来る。しかし、ざわめきは無く、静かに拡がる都会の風景は、新鮮だ…。円山は直ぐそこに在り、大倉山も見渡せる。里山ならでは光景は、何故か、ジーンと来た。
 
f0109977_12255540.jpg
大倉山方面
 
f0109977_12262635.jpg
眼下に拡がる都会
 
f0109977_12271643.jpg
円山方面
 
 
復路は、違うルートを辿ってみる。これが正解だった。道は、より本格的な登山道になるが、花の数は圧倒的に多い気がする。この時季の目にする種類は変わらないが、群落の規模が違う。これは、通ってみたくなる山だなあ…。
 
f0109977_12334419.jpg
エゾエンゴサク
 
f0109977_12341245.jpg
エンレイソウと、サイハイランの葉
 
f0109977_12345226.jpg
福寿草
 
f0109977_12352031.jpg
整列するエンレイソウ
 
f0109977_12360976.jpg
こんな道…
 
f0109977_12364007.jpg
圧巻の群落…
 
f0109977_12372451.jpg
エゾエンゴサク
 
 
今の僕の体力には相応しい山だった。里山の春の訪れは、僕にとっても復活の日の訪れだ。後何年、山を歩き続けることが出来るのか分からない。高山に咲く花は、文字通り、高嶺の花になりつつある。でも、身近な山にも、素晴らしい光景が在る。札幌市民として、もう少し、札幌の里山を歩かなければ…ね。
 
 

Nikon Df
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
  
Leica D-LUX5


by meo_7 | 2017-04-29 12:56 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(6)
Commented by windy1957 at 2017-05-02 11:09
エゾエンゴサクのブルーはこちらでは見られない色合い、
なんて素晴らしいんでしょうね。

この時季は、我を忘れた花追い人になってしまいます。
身近な里山の花々が、人知れず消えてゆくというのに…。
まだまだ歩いてください、登ってください。案内して欲
しい山、案内したい森、たくさんあります。
「華甲からの花巡り」まだまだこれからですよ。
Commented by meo_7 at 2017-05-02 13:34
翼さん、こんにちは。
精力的に野山に行っていますね。
花を追い掛けていなくても、森に入っていますから、家庭人としてはどうなの?なんて、ツッコミも入れたりします…。(笑)
 
人の歩く道は、どうしても花の姿は消えてゆきますね。
追い掛けると逃げてゆく、という法則なのでしょうか?
まだ見ぬ楽園が何処かで密かに在るのだとしたら、花たちの勝利ですね。
彼らこそ、森の守り人たちですから、そして、森があるからこそ、僕たちの生活も保障されているという真理。
自明なのに、なかなか、そこに気付かない…。
 
冬の眠りの間には気付かなかったことを、春の森に感じることが出来ます。
老骨鞭打って、歩き続けますよ。
また、元気に、尾瀬を歩いてみたいですから…。
 
Commented by てばまる at 2017-05-02 21:12 x
ぼちぼち花巡り山歩きの始動でしょうか!
今年は尾瀬も雪が多くて溶け方もゆっくりなので遅霜予防と栄養補給に時間が割けそうなので花付きが良いのではと言う尾瀬人たちの予想ですがはたしてどうなりますか? 出来たら大江湿原の凄いワタスゲ群落をもう一度見たいです。

あとは2年ぷりに北岳のキタダケソウが見たいです。
MIURAさんもまだ元気なウチにチャレンジして見てはいかがでしょう?
白根御池1泊、八本歯経由で北岳山荘1泊、山頂越えで白根御池1泊で下山くらいのゆっくりペースなら大丈夫かも?
Commented by meo_7 at 2017-05-02 21:45
てばまるさん、こんばんは。
尾瀬の雪、多いですね。
僕が入山した時も、尾瀬沼の売店が半分ほど埋まっていましたから、昔は、多かったのかも知れませんね。
でも、今年の写真を見ると、沼の氷が溶けているように見えますが、もう、沼がおちているんでしょうか?
 
キタダケソウを見に行く予定ですか?
お薦めの日程だと、何とかなりそうな気もしますね。
6月に訪れるなら、八ヶ岳山麓のホテイランも、ついでに見たいですね。これなら、足腰が弱っても行けそうですが…。
 
ホント、身体は弱っているのに、欲だけは消えません。
 
Commented by てばまる at 2017-05-08 09:54 x
どうも~
GWも連日の山歩きでさすがに膝がズキッときたので最終日は休足日にしました、じわじわと無理が続かなくなってきてます(^^;)
尾瀬沼は部分的には落ちてるようです、シャーベット状になってるのでもう渡れないかな。昔はこのくらいの雪は普通だったのでしょうね、最近が少な過ぎるのだと思います。

6月下旬~7月上旬の北岳ならそんなに混まないので1人布団1枚になると思いますが、白根御池までテント上げてベースにして稜線だけ山小屋でもいいですね。

南八ヶ岳のホテイランも良いですね。登らなければ楽々で見に行けます。
Commented by meo_7 at 2017-05-08 19:06
てばまるさん、こんにちは。
我が家のゴールデンウイークは、お花見ツアーでした。
函館の五稜郭、松前の公園、いずれも素晴らしかったです。
新幹線も繋がったので、これから桜の名所として、全国区になるでしょうか?
 
そろそろ、山も歩かなければなりません。
やっと、花の季節です。
 


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
登山(山岳徘徊倶楽部)
僕と音楽
徒然に…
ちょっとした旅
カメラ
山の道具あれこれ

最新の記事

昆布岳 落ち葉の登山路 20..
at 2017-10-21 17:47
白雲山・天望山(後編)アルペ..
at 2017-10-02 01:59
白雲山・天望山(前編)アルペ..
at 2017-10-01 00:32
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(後..
at 2017-09-20 13:46
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(前..
at 2017-09-19 05:24
道東弾丸ツアー 斜里岳(後編..
at 2017-09-13 20:47
道東弾丸ツアー 斜里岳(前編..
at 2017-09-13 11:23
道東弾丸ツアー 西別岳・リス..
at 2017-09-12 21:29
白樺山〜シャクナゲ岳 プチ縦走
at 2017-07-28 23:02
花の山旅 ニセイカウシュッペ..
at 2017-07-27 14:01

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 11月
2012年 07月
2010年 01月
2006年 12月
2006年 11月

お気に入りブログ

やぁやぁ。
風街角
pode ser um ...

外部リンク

お薦めのホームページ

最新のコメント

翼さん、こんにちは。 ..
by meo_7 at 16:33
トップの写真、演出かもし..
by windy1957 at 10:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 22:16
いや~~~~~素晴らしい..
by てばまる at 15:15
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 19:28
三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31