道東弾丸ツアー 斜里岳(前編) 2017/08/24

f0109977_23250453.jpg
   

 コケモモの実も赤く熟す、道東の山は、晩夏の季節を迎え、秋の足音も聞こえてくるようだ。確かに、北海道の秋は、駆け足でやってくる。もの悲しい雰囲気と思われる季節だけれど、北海道の山の、秋彩に輝く風景を見ると、「燃える秋」という形容が相応しく思うことがある…。赤い実は、着々と、その準備をしている証なのだ。僕たちは、最後の夏を惜しむかのように、斜里岳の山頂を目指す。





 先ずは、この写真をご覧下さい。既に、ハイテンションです。彼女は、昨日、西別岳まで歩き、満足していた。今日の斜里岳も、初めて訪れるというワクワク感に包まれているのだろう。不安よりも期待の方が上回るという点で、僕とは違う。これは、見習いたいものだね。
 
f0109977_23445264.jpg
朝一でこのハイテンション
 
 
 天気は、高曇りで、時々、日が射す。予報は、そんなに悪くはない。実際、清岳荘から山頂も見える。彼女のハイテンションを見ながら、僕は、このまま天気が保ってくれたらいいな、と思っていた。
 
 実は、少し寝坊をしてしまった。清岳荘の横にある登山口を出発したのは、午前7時を回っていた。登山道は、樹林帯に入るが、直ぐに、林道跡に出る。曾て、その先に、旧清岳荘が在った。そこからが、本格的な登山道になる。
 
 清岳荘から辿る斜里岳へのルートは2本ある。通称、沢ルートと尾根ルートと呼ばれる。推奨されるのは、登りで沢ルート、下りは尾根ルートを辿るが良いとされる。確かに、沢ルートは、下りには、危険を伴う箇所がある。当然、僕たちも、下りは尾根ルートを辿る予定だ。
 
 午前7時15分、いよいよ、林道から離れ、入山する。彼女の、斜里岳に向かうモチベーションは高いが、渡渉の続く遡行に、多少の不安を隠しきれないでいる。僕は、それを察してはいたけれど、心配はしていなかった。渡渉という経験が少ないだけの話で、誰もが、登山の経験の中で通る道だ。彼女のバランスの良さは知っているし、ポテンシャルの高さも知っている。必ず、今日の山行で、この経験を、自分のものにするだろう…。
 
 登山道に入り、直ぐに、渡渉は始まる。水量は多くないのを確認し、僕は、少し安堵する。それは、彼女の靴が、水漏れするからだ。彼女は、靴をふたつ用意したが、防水が効いている方の靴は、昨日の西別岳でも靴擦れをしてしまった。日帰りなので、靴擦れで苦しむより、多少の濡れを我慢する方が良いという判断だった。
 

f0109977_08562933.jpg
最初の渡渉地点に着く…
   
f0109977_08580585.jpg
おっかなびっくり…
 
 
 渡渉は、流れの中にある石を跳び伝って渡る。歩幅には個人差があるので、誰もが同じ石を使えるわけではない。当然、彼女は、僕より歩幅が小さいはずなので、僕も、それを意識して渡ることにする。彼女が躊躇しているときは、先ず、僕が渡ってみせる。しかし、それも、最初のうちだけで、彼女は、その要領を、直ぐに自分のものにした。
 
 沢の遡行で難しいというか、楽しいというか、受け止め方は人それぞれだけど、ルートファインディングがある。右岸左岸、どちらかの河原を歩いているとき、通れなくなったり、危険な箇所に出遭う場合がある。そんな時、対岸に渡るか、高巻きをするか、そのどちらも無理な場合、へつるか、水の中に入るか…、色々な選択がある。それが、沢登りの難しさでもあり、好きな者にとっては、醍醐味でもある。しかし、斜里岳は、百名山でもあり、多くの人が訪れるということもあって、案内は親切だった。ピンクテープ、赤いペンキの矢印などで、その箇所を示している。僕は、敢えて、そんなルート取りの役割を、彼女に担ってもらった。いつか、日高の沢を辿って、奥深い山を目差す時、きっと役に立つだろう…。
 
 彼女は、戸惑うことなく、的確に、ルートを選別している。渡渉箇所も、自分の実力に応じた箇所を選ぶ。へつりも怖がらない。見た目は、所謂、山女には見えないけれど、そのポテンシャルは高く、静かな闘志さえ感じる…。
 
  
f0109977_09321148.jpg
 
f0109977_09335861.jpg
ミヤマダイモンジソウ
 
 
f0109977_09353089.jpg
撮影中
 
 
 この時季の沢沿いの岩壁では、ミヤマダイモンジソウに出逢える。将に、旬の季節を迎え、岩壁にへばり付くように、無数に咲き誇っていた。写真を撮るが、今日のメインは花ではなく、目の前に展開する難路の攻略だ。それなのに、彼女の、この余裕には驚く…。本当に、山の総てを楽しんでいる…。
 
  
f0109977_09590145.jpg
軽快な歩み…
 
 
 幾つもの渡渉を繰り返すが、高度は、なかなか稼がない。しかし、滝が現れ始めると、せり上がるような斜度になり、沢の様相も一変する。この変化もまた、斜里岳の魅力のひとつなのだ。でも、まだまだ、僕たちの旅は、始まったばかりに過ぎない…。
 
 
f0109977_10025854.jpg
ルートを確かめる
 
   
f0109977_10030669.jpg
  
f0109977_10031256.jpg
軽快です…
 
 
 いつの間にか、彼女は、何の躊躇もなく飛び石を伝い、あっけなく渡ってしまうまでになっていた。ルートファインディングも楽しそうだった。鉄道員が指差し確認をするように、指を差し、声に出して、ルートを確認する。一歩を踏み出す前に、もう一度、辺りを見回し、見落としがないかを確認したりする…。やはり、単独行の経験があるからだろう。安全への注意を怠らない。自分の事を憶病だから、と言うことがあるが、それは正しいことだ。憶病こそが、実は、安全を保証する要素の、重要な事柄のひとつだ。
 
 彼女は、時折、「あーっ、あー!」と、独特の叫び声を上げる。自分の存在を、森の住人、ヒグマに知らせているのだ。もう、一端の沢屋さんのようでもある。よく観察していると、見通しの悪いところ、曲がり角に近付いたときなど、なかなか的確な判断なのだから、ちょっと、驚く…。もう、僕には、何の役割もなくなってしまった…。
 
 
f0109977_10185877.jpg
f0109977_10190242.jpg
へつり
 
 
 水量が少ないので、へつりで緊張をする場面は、そう多くはない。それでも、失敗したら確実に濡れてしまうから、慎重になる。浅いからといって、安心は出来ない。水の中で足を滑らせ、転倒したり、骨折、捻挫してしまったりと、へつりの失敗は、大きなリスクを伴う。彼女が、今日の経験で、何かを得てくれたらいいと思いながら、遡行は、より困難なところへと導かれる…。
 

f0109977_10321688.jpg
時折、空が開ける…
    
f0109977_10341917.jpg
オオバタケシマラン(実)
 
 
f0109977_10341027.jpg
(彼女の撮影)
  
  
f0109977_10380750.jpg
  
f0109977_10381531.jpg
山頂は、まだ遠い…
 
 
 午前8時を過ぎた頃、下二股の分岐に着く。尾根ルートの新道との分岐だ。ここからは、滝が連続し、斜度も増してくる。緊張の度合いも比例するから、疲れも忘れるが、意外に消耗するはずだけど、単調な道とは違い、飽きることはない…。
 
 僕たちの会話は、殆どが注意の喚起や、ルートの確認などの言葉や合図だけになる。やはり、のんびりとした雰囲気にはならない道が続く。先を行く彼女は、危険な箇所では、僕に注意を促したり、通過を確認してくれたりしている。数ヶ月前を思うと、既に、立場が逆転している。もう、立派なリーダーだ。こうして、彼女は、知らず知らずして、経験を重ね、山を知っていくだろう…。経験を積みたいと理由で、僕やさっちゃんと歩くようになった訳だけど、それだけに、僕の役割は、彼女を成長させることだと思っている。だから、僕と歩く限り、彼女の山は、決して、「連れていってもらう登山」ではない。だから、自ずから彼女の判断は、同行者への気遣いも含まれてくる。彼女の成長を見守る僕は、徐々に逞しくなる姿を見て、「役に立てたのかな〜」と、思ったりする…。
 
 最初の滝が、現れる…。しかし、総ての滝を登るわけではなく、高巻いたり、縁を歩いて通過する。地形は、より複雑になり、谷も深くなる。彼女に疲れは感じられない。ただ、いつになく、表情は真剣だった。気を緩められないことを知っているからだ。
 
f0109977_11145665.jpg
水蓮の滝
 
f0109977_11160815.jpg
   
  
f0109977_11180145.jpg
  
羽衣の滝
 
 
いよいよ、滝の遡行が始まる…。斜里岳の核心部に入るわけだ。怒濤の後編に続きます…
  


by meo_7 | 2017-09-13 11:23 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(0)


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
登山(山岳徘徊倶楽部)
僕と音楽
徒然に…
ちょっとした旅
カメラ
山の道具あれこれ

最新の記事

昆布岳 落ち葉の登山路 20..
at 2017-10-21 17:47
白雲山・天望山(後編)アルペ..
at 2017-10-02 01:59
白雲山・天望山(前編)アルペ..
at 2017-10-01 00:32
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(後..
at 2017-09-20 13:46
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(前..
at 2017-09-19 05:24
道東弾丸ツアー 斜里岳(後編..
at 2017-09-13 20:47
道東弾丸ツアー 斜里岳(前編..
at 2017-09-13 11:23
道東弾丸ツアー 西別岳・リス..
at 2017-09-12 21:29
白樺山〜シャクナゲ岳 プチ縦走
at 2017-07-28 23:02
花の山旅 ニセイカウシュッペ..
at 2017-07-27 14:01

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 11月
2012年 07月
2010年 01月
2006年 12月
2006年 11月

お気に入りブログ

やぁやぁ。
風街角
pode ser um ...

外部リンク

お薦めのホームページ

最新のコメント

翼さん、こんにちは。 ..
by meo_7 at 16:33
トップの写真、演出かもし..
by windy1957 at 10:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 22:16
いや~~~~~素晴らしい..
by てばまる at 15:15
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 19:28
三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31