断絶

1972年の或る夕方、僕は、まどろむ…。
部屋の中では、FM放送が流れている…。
聴いている訳では無い、聞こえてくるだけの旋律…。
在り来たりの光景だったのだと、思う。次の曲のイントロが始まるまでは…。

突然の、ドラマチックなピアノとドラムスの音、妙に澄んだ歌声が語りかけてくる…。
歌詞の意味など掴めないまま、楽曲は間奏に入る。
圧巻の演奏だ。啜り泣く様なエレクトリックギターの音色が迫り来る…。
最高潮の盛り上がりを見せた後、再び、ピアノとドラムスの印象的な伴奏と、歌声…。
そして、

♪〜行かなくちゃ
    君に会いに行かなくちゃ
    傘がない…

そう叫びながら、フェードアウトしてゆく洪水の様なサウンド…。

ラジオの番組は、次の曲を紹介し、何事かしゃべっている…。
まるで、この曲の一節の様に…。
しかし、僕は、僕を覚醒させたこの曲が、僕の何かを突き動かしている事に抵抗出来ないでいる。

僕は、自転車に飛び乗り、行きつけのレコード店の在る街まで突っ走る。
でも、ふと気付く訳だ…。
「何という曲? 誰が歌ってるんだ?」
そう、聞き流していた解説など、記憶の片隅にも残っていない…。
店の主人とふたりで、とにかく、「傘がない」という詩の一節だけを頼りに、片っ端からレコードの歌詞カードを拡げ、探すだけだった。
果たして発売されているのかさえ分からない。
店の主人が知らないのだから、ヒットしている曲でもないのだろうし、シングルで発売されてもいないのだろう。
行きつけの店でもなかったら、こんな真似は出来ない。

どれほど探した事だろう。
店の主人が、
「これじゃない?」
と、手にしてきた歌詞に、確かに、「傘がない…」と書かれている。
アルバムの最後にクレジットされている。
真新しいレコード盤に、そっと針を置く…。
紛れも無く、ついさっき耳にした曲が、店内一杯に流れた。

夕闇迫る帰り道、僕の腕の中には、「断絶」と名付けられたLPレコードが抱えられていた。
無理して買ったダイヤトーンのスピーカーから、一曲目の「あこがれ」のイントロが流れる。
最後の「傘がない」まで、一気に聴いた…。
衝撃の瞬間だ。
フォークソングに明け暮れていた僕が、初めて触れた、後に、ニューミュージックと分類されたサウンドとの出会いだった。

後に分かる事だったけど、「衝撃」には理由が在った。
井上陽水、というシンガーは、やはり、ビートルズに影響を受け、音楽の原点はそこに在るという事だった。
彼もまた、都会で暮らし、安保闘争の時代を過ごし、ボブ・ディランを象徴する反体制運動の真っ只中、麻雀に興じて、酒を呑み、束の間の恋を探す…。
そんな世の中も自分自身さえも混沌の時代、ギターを片手に曲を作り、自分の人生を占う…。
そんな青春だったのだろうか…。

「傘がない」
この曲は、The Beatlesの"A day in the life"の歌詞の一節、"I read the news today, oh boy"からインスパイアされているという。
確かに、「断絶」と名付けられたアルバムそのものが、何処か、“Sgt.Peppers Lonely Hearts Club Band”で位置付けられた、トータルアルバムという形式の様な気がする。

その後、井上陽水は、「夢の中へ」でヒットを飛ばし、アルバム「氷の世界」で、不動の地位を確立するが、僕にとっての最高傑作は、この「断絶」である事を疑わない。
鳴かず飛ばずの「アンドレ・カンドレ」の時代を経て、「井上陽水」で再起を期した一作目。
その不思議な程に奇妙なタイトル、「断絶」…。
彼は、そのタイトルに、「アンドレ・カンドレ」との決別を表していたのかも知れないと、思った…。

今も、そのレコードは、部屋の壁に飾られている…。
f0109977_444284.jpg

by meo_7 | 2006-11-10 04:08 | 僕と音楽 | Comments(2)
Commented by at 2006-11-10 19:54 x
部活に明け暮れてたあの頃、一部のませた女の子たちが教室の片隅で語っていたのが陽水でした。彼女たちが歌った 「東へ西へ」 は今でも鮮烈に覚えてます。
拓郎と違って、陽水は私生活を詩ってましたね。紙飛行機、夏祭り、かんかん照り・・・ 私が初めてギターを抱え、人前で歌ったのは、「自己嫌悪」 でした。
Commented by MIURA at 2006-11-11 00:39 x
翼さん、もう見付かったんだね。
陽水に関しては、リアルタイムだったのですね。
ある楽曲との出会いは、自分の人生の、ある地点と符合したりして、妙に懐かしくなりますね。
翼さんなんかは、一曲ごとに、女性の名前が浮かんでくるんじゃないの?
ちなみに、僕が初めてまともに人前で歌ったのは、「若者たち」か「青い鳥がないている」だったかな?


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
登山(山岳徘徊倶楽部)
僕と音楽
徒然に…
ちょっとした旅
カメラ
山の道具あれこれ

最新の記事

昆布岳 落ち葉の登山路 20..
at 2017-10-21 17:47
白雲山・天望山(後編)アルペ..
at 2017-10-02 01:59
白雲山・天望山(前編)アルペ..
at 2017-10-01 00:32
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(後..
at 2017-09-20 13:46
大雪山紅葉の旅 プチ縦走(前..
at 2017-09-19 05:24
道東弾丸ツアー 斜里岳(後編..
at 2017-09-13 20:47
道東弾丸ツアー 斜里岳(前編..
at 2017-09-13 11:23
道東弾丸ツアー 西別岳・リス..
at 2017-09-12 21:29
白樺山〜シャクナゲ岳 プチ縦走
at 2017-07-28 23:02
花の山旅 ニセイカウシュッペ..
at 2017-07-27 14:01

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 11月
2012年 07月
2010年 01月
2006年 12月
2006年 11月

お気に入りブログ

やぁやぁ。
風街角
pode ser um ...

外部リンク

お薦めのホームページ

最新のコメント

翼さん、こんにちは。 ..
by meo_7 at 16:33
トップの写真、演出かもし..
by windy1957 at 10:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 22:16
いや~~~~~素晴らしい..
by てばまる at 15:15
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 19:28
三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31