カテゴリ:登山(山岳徘徊倶楽部)( 58 )

花の山旅 ニセイカウシュッペ山(後編)

f0109977_09383789.jpg
大槍にて…
 
 
 さて、後編です。彼女と、新たなパートナーの爽やかさっちゃんの旅は続きます。憧れの人と歩く彼女は、子供のような心境かも知れない、超天然の、爽やかさっちゃんは、そんなこと関係なく、自分のことしか考えてないだろうと思っていたが、そうではない。寄り添うように歩く彼女の話に耳を傾け、時折、花の撮影に付き合う。僕は、完全に失業状態だった…。


More
by meo_7 | 2017-07-27 14:01 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(1)

花の山旅 ニセイカウシュッペ山(前編)

f0109977_20080219.jpg
花咲く道を…
 
 
 この物語は、写真も多く、文章も長くなる予定です。つまり、いつも、気の向くままに書いているという告白ですね。依って、前編、後編に分ける予定です。そんなこと、書く前に構成しろ!というお叱りは、無視します。
  
 さて、北大雪のニセイカウシュッペ山に訪れたのは、この物語の主人公と、僕の古くからの友人と、僕との三人です。ママは、腰痛が思わしくなく、ザックを背負わないクライミング三昧を楽しんでいる。
 
 さて、花の山旅…、どんな旅になるのでしょう…。



More
by meo_7 | 2017-07-27 05:12 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(0)

富良野岳は、雲の上…

f0109977_21012537.jpg

 
富良野岳は、花の名山としても知られている。雪解けと共に咲き出す花は、北海道の短い夏を謳歌する…。幾度訪れたのか、記憶にない…。花の名山、という冠を戴いた宿命ともいえるのか、多くの人たちが訪れ、山は、荒廃した…。曾て、エゾルリソウは、至る処に咲き、富良野岳の山頂を彩っていた。今では、悲しいロープによって囲まれている。囲まれるべきは、人間の方だと思うのに…。    
 
今回の主人公も、トップの写真の女性です。初めて訪れる富良野岳…、勿論、ピークは目指します。花の山旅を、楽しみながら…。



More
by meo_7 | 2017-07-05 23:33 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)

神居尻山 6/5 花の山旅

f0109977_18380126.jpg
 
 
週末の天候は崩れ、花の山旅は、翌日、月曜日のウイークディに決行した。天気は回復し、青空が拡がった…。いつもは週末の悪天候を恨めしいと思うが、登山口近くの駐車場には2台の車しか駐まっていなく、つまり、快晴の下、静かな山の旅を約束してくれたようなものなのだ。
 
という僕は、今季初めての山登り、と言ってもよく、果たして登られるのか、という不安が無い訳ではない。今回、ママの他に、女性がひとり、同行してくれている。今回の旅の主人公だ。山への熱い想いが伝わる語り口に、逞しい山女を思い浮かべることもあるが、彼女は、そうではない…。印象は、ひ弱さえ感じるほどだ。まあ、僕より弱い人には、まだ出逢ったことがないから、本当に心配なのは、自分のことなんだけど…。
 
彼女は、自分ことを「のろま」と表現し、「だから、みんなに迷惑を掛けるのが…」と、語る。ペースなど、人それぞれだ。山行形態だって、それぞれだ。同じ時間を共有しても、想いまでは、共有出来ないものだ。そんな彼女の目を付けた標的が、僕たちだった。さあ、彼女の引いたおみくじは、吉と出るか、凶と出るか…。



More
by meo_7 | 2017-06-08 00:50 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(0)

クマガイソウ

f0109977_10052867.jpg
クマガイソウ
 
 
この花に、初めて逢いに訪れたのは、2007年6月10日だった。その日は蒸し暑く、急登に喘ぎながら、その地に辿り着いた…。そこには、思い描いた姿は無く、無残にも枯れ朽ちた残骸があった…。落胆したのは、勿論だったが、花に罪はない…。花は、僕の都合で咲くのではなく、花自身の都合で、時を過ごしているのだから…。
 
「また逢いに来るよ…」
 
と、語りかけて、その場を去った…。それから、10年の月日が流れる…。



More
by meo_7 | 2017-05-26 12:45 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)

コアツモリソウ

f0109977_11352022.jpg
コアツモリソウ
 
 
その姿は、想像以上に小さく、この花が目当てでなければ、見落としてしまうだろう。しかも、花の殆どは、特徴的な葉陰に隠れ、その正体を現さない。目星をつけた辺りに、その花は咲いていた。姿は小さくても、将に、アツモリソウの顔をしている。僕たちは、しばらくの間、その場所に佇んだ…。誰もいない森…。ひっそりと咲く花は、盗掘の対象だという。それ故に、撮影場所も、記すことは出来ない…。


More
by meo_7 | 2017-05-22 11:52 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(4)

恵庭渓谷 緑のふるさと森林公園

f0109977_21320898.jpg
フイリミヤマスミレ
 
 
恵庭渓谷に行ってきた。歩いた場所は、緑のふるさと森林公園の遊歩道だ。初めて訪れるので、どんな景観とか、どんな花が咲いているのか分からない。お目当ても、特段無く、偵察を兼ねての訪問だった。
 


More
by meo_7 | 2017-05-18 23:24 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(0)

雨の中、ナガハシスミレ咲く森へ…

f0109977_10351662.jpg
ナガハシスミレ
 
 
我が家の5月の連休後半は、お花見ツアーとなった。家族サービスの為、下界で過ごすのは久し振りだった。この季節に道南への旅は初めてだ。五稜郭、松前公園の桜がお目当てだが、僕は、ただのお抱え運転手だし…。そこで、厚沢部のレクの森へのスケジュールを無理矢理押し込んだ。しかし、中日の6日は、雨のち晴の天気予報…。桜がメインなので、厚沢部は午前中の計画へと変更された。僕だけが、雨具、ゴアテックスのアプローチシューズを持参。つまり、他の面々は待機するという…。何と不幸な待遇の僕なのだ…。



More
by meo_7 | 2017-05-09 12:05 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(4)

里山に、春の訪れ

f0109977_11182106.jpg
 
1月に、スキーで膝に違和感を感じてから、アウトドアを封印していた。歩かないと云うことは、弱っていくことだと分かっていても、故障は最小限に止めたい。本当に久し振りの山歩きは、里山でもある「三角山」を選んだ。札幌に住んでいながら、初めて登る山だ。徐々に、ターゲットは近く、低くなる。年相応なのだ。 
 
登山口には、登山者用の駐車帯もあって、登山者の便宜を図っている。都会の片隅の不思議な感覚だ。周囲には建物や住宅など在るが、喧噪は、既に無い。登山路は急斜面から始まるが、一歩入ると、そこは、紛れもなく、山の中だ。木々の枝には、まだ、新芽を吹き出した頃で、葉は拡がっていない。だから、閑散とした山の風景だが、新緑が覆う頃には、鬱蒼とした森になるのかも知れない。早速、足下には、春の訪れが、待っていた…。



More
by meo_7 | 2017-04-29 12:56 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(6)

謹賀新年

f0109977_14135603.jpg
 
明けまして、おめでとうございます。昨年は、写真の山で燃え尽きました。8月のことです。長く遠く、そして急斜面、真夏の暑さ、挫けそうな心、総てと闘いながら、憧れの花の咲く場所に辿り着きました。
 
さて、今年は、どうなるのでしょうかね…。頑張ろうとは、思っていますよ…。宜しくお願い致します。


by meo_7 | 2016-12-31 23:54 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49
意外でしたね、ナガハシス..
by windy1957 at 12:20
道南のこの場所は、札幌か..
by meo_7 at 21:33
ナガハシスミレは、随分前..
by てばまる at 21:15
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 19:06
どうも~ GWも連日の..
by てばまる at 09:54

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31