憧れの花は、孤高に咲く… Day 2・Day 3(2016/08/07〜09)

f0109977_13545430.jpg
   
翌朝、昨夜の風はなんだったのかというほどに、穏やかで静かな夜明けを迎えた。黎明の空が、徐々に明るくなり、山陰から朝日が浮かび上がる。東の空の雲が、その陽光を、幾分弱めていたが、充分に光は届いた。天気予報は、良い方に外れ、今日も雲ひとつない青空が拡がっていた。



More
# by meo_7 | 2016-08-14 01:32 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(6)

憧れの花は、孤高に咲く… Day 1(2016/08/07〜09)

f0109977_18343409.jpg
 
 

青年の名前は、通称、「おかでぃ」と言う。歳の差を考えると、息子のような存在だ。昔の自分に、ちょっとだけ似ているところもある。そんな青年が、
 
「オイちゃん、憧れの花を見せに連れてってやるよ。荷物は担ぐから…」
 
と、冗談だか本気なのか、そう言ったことがあった。僕としても、「おお、介護登山をしてくれるのか?」などと、軽く受け流していた。介護登山という言葉が、世の中にあるのかどうかは分からないが、僕は、冗談交じりによく使う。しかし、僕にだって、少しばかりの自尊心が無い訳ではないので、こちらから積極的に頼むことはない。でも、結局、甘えてしまうのだ。ママは、最近足が痙るので、今回は見送るという。二人だけかな?と思っていたら、クライミング仲間のさっちゃんが、連れていって欲しいと言う。僕は、すかさず、荷物を持ってくれるなら良いと、条件を提示するが、あっさりOKだった。これで、楽になれると、内心ほくそ笑んだのは、内緒にしておこう。
 
憧れの花は、山奥深く咲くという…。それも、日高山脈の急峻な尾根の岩礫に咲くのだから、僕のようなお気軽ハイカーが、簡単に行けるところじゃない。以前、1度だけ、カムイエクウチカウシ山に挑戦している。残念ながら、アクシデントもあり、咲いていると思われる場所に行けなかった。2006年の事だから、あれから10年の歳月が過ぎている…。さて、「介護登山」の全貌は…。


More
# by meo_7 | 2016-08-13 10:32 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)

往年のテント ダンロップ V-300

f0109977_12193284.jpg
   
孫の真生くんの夏休みが始まった。北海道最高峰の旭岳に挑むために組んでいた日程は、悪天候に阻まれた。それでも、旭岳の野営場までは行った。翌朝、ロープウエー駅の案内表示に、「風速13メートル」という掲示を見て、断念する。僕たちだけなら何とかなるが、真生くんには、楽しくない体験になりそうだし、機会は、いつでもある…。なわけで、山の報告は何もないので、今回使用したテントの話でも…。



More
# by meo_7 | 2016-07-29 14:52 | 山の道具あれこれ | Comments(4)

雨の日の上ホロカメットク山 Day2 雨に濡れる花々…

f0109977_17231510.jpg
 
翌朝、避難小屋の扉を開けると、真っ白な世界だった。相変わらずの霧雨は、辺りの風景を、すっかりと隠している。どうも、この場所は、僕には鬼門のようだ。泊まり山行の時に、晴れたことがない。夜半には、本格的な雨も降ったようだ。2階のツアー組も、起きてくる様子がない。外に出てみると、5張りのテントが設営されていて、雨で、しっぽりと濡れていた。住人たちは、若い強者たちのようだ。さて、今日の予定をどうするか…、小屋に戻って、相談だ…。



More
# by meo_7 | 2016-07-20 01:13 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)

雨の日の上ホロカメットク山 Day1

f0109977_11110286.jpg
 
天気予報は、徐々に、悪い方へと変わってゆく。それでも、淡い期待を抱いて、十勝岳温泉の駐車場に、深夜に到着する。3連休の中日だから、混雑が予想されるという判断は、間違っていなかった。既に、数台分の空きしかなかった。満天の星は、これから崩れる天気なのだとは、思われなかった…。


More
# by meo_7 | 2016-07-19 13:24 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(4)

大雪山 お花見山行 Day3 

f0109977_01384293.jpg
   
 
         
最終日も快晴の朝を迎えた。しかし、夜半、テントを揺らし続けた風は弱まっていなかった。これでは、稜線上で花の撮影は難しいだろう。僕にとっては運の良いことだったが、今日登ってくる人たちも多いから、手放しで喜ぶわけにはいかない。テントは、四隅のペグを外さずにポールを引き抜いた。こうすれば飛ばされないことも、失敗の経験から学んだ。山での失敗は、命取りになりかねないことも多くある。これまで、無事にやってこられたことに、素直に感謝したい。さて、後は、帰るだけだ。緩みがちな気を引き締めて…。
 


More
# by meo_7 | 2016-07-13 15:25 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(0)

大雪山 お花見山行 Day2 百花繚乱

f0109977_18072788.jpg
     
      
翌日も、快晴微風の絶好の天気だった。グッスリ眠ってしまって、既に、山の朝の喧噪は始まっていた。トムラウシ方面への縦走組も数パーティーいるようで、高根ヶ原へと向かってゆく。僕は、珈琲とチキンとパンで朝食。行動食や、雨具などをサブザックに詰め込んで、さあ、お花見山行の本番です。



More
# by meo_7 | 2016-07-12 12:17 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(2)

大雪山 お花見山行 Day1

f0109977_10061721.jpg
 
   
7月6日、銀泉台の駐車場で目覚める。今年初めての宿泊装備で挑む山は、通い慣れた、赤岳を経て白雲避難小屋までのルートだ。花の種類の多さと、変化に富んだ景観を楽しめるということで、人気の登山路でもある。ザックを担いだ瞬間、その重さに心が折れかかる…。果たして、無事に辿り着くのだろうかと、不安が襲いかかる…。今日は、励まし合うママもいない。自分の弱い心と闘うソロ山行なのだった。


More
# by meo_7 | 2016-07-10 20:58 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(4)

クモキリソウ 野幌森林公園

f0109977_20395351.jpg
 
 
雲の多い晴天は、花探しに絶好だ。とか理由を付けて、三度目の野幌森林公園…。先ず、登満別口から森林内に入る。しかし、歩けども歩けども、花の姿はない。結局、この林内で見付けたものは、フタリシズカと、咲き残ったトケンランとサイハイランが一株ずつ…。これらは、前回の時が旬だった。このルートで出会った人はいなかった。つまりは、端境期だということなのだね、きっと…。


More
# by meo_7 | 2016-06-24 00:54 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(0)

目国内岳 お花見山行

f0109977_02081939.jpg
 
ニセコにある目国内岳をメクンナイダケと読める人は、ほぼ道産子しかいないだろうか…。道産子の僕だって、当初は読めなかった。僕たちは、この山に、山スキーで訪れたことがあるが、夏道で行ったことはない。それは、今年で閉館された新見温泉からのルートであり、夏の登山道は、パノラマラインが開いた時季の新見峠からになる。どうして、選んだかというと、早朝に家を出て、登山時間の短いものという条件を満たしたからなのだ。まだ、足慣らしの一環であって、多くの期待はしていない…。



More
# by meo_7 | 2016-06-21 02:12 | 登山(山岳徘徊倶楽部) | Comments(6)


時々、想うこと…


by MIURA@オイちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 22:16
いや~~~~~素晴らしい..
by てばまる at 15:15
yahさん、こんにちは。..
by meo_7 at 19:28
三浦さん、こんにちは! ..
by yah-_-yah at 14:50
翼さん、ありがとうござい..
by meo_7 at 11:39
いいね、やっぱり。 不..
by windy1957 at 10:23
てばまるさん、こんばんは..
by meo_7 at 23:14
クマガイソウというとなん..
by てばまる at 22:04
翼さん、まったくその通り..
by meo_7 at 20:30
辛い思いをしても逢えず仕..
by windy1957 at 17:33
てばまるさん、こんにちは..
by meo_7 at 16:13
このローアングルからする..
by てばまる at 09:29
翼さん、ホント、野に咲く..
by meo_7 at 14:49
意外でしたね、ナガハシス..
by windy1957 at 12:20
道南のこの場所は、札幌か..
by meo_7 at 21:33

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
カメラ

タグ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31